愛知・名古屋の審美歯科、歯科技工所、ジルコニア、インプラントならカスプデンタルサプライ/カナレテクニカルセンター

会社概要 Company

企業コンセプト

「歯づくり」という特化した産業人としての本分に徹し、「関わる人」に感謝される結果を生むための場所を「カスプデンタルサプライ/カナレテクニカル センター」とする。
また、「関わる人」とは患者様のみならず、我々を含めて治療に携わる人・器材の研究開発に携わる人の全てを指す。

歯科医院様の頼れるパートナーとして

山田和伸

経歴

1961年 11月 誕生
1983年 3月 香川県歯科医療専門学校
1989年 3月 国際デンタルアカデミーラボテックスクール卒業
1989年 4月 株式会社カスプデンタルサプライ入社
1992年 7月 カナレテクニカルセンター所長就任
2007年 10月 株式会社カスプデンタルサプライ代表取締役就任
現在 ノリタケデンタルインフォメーションセンター主任インストラクター

役職

  • 日本歯科技工士会 生涯研修認定講師
  • 日本歯科色彩学会 理事
  • 香川県歯科技術専門学校非常勤講師
  • 東海歯科医療専門学校非常勤講師
  • 大阪大学招聘教員

所属学会

  • 日本歯科審美学会
  • 日本歯科技工学会
  • OJ会員
  • 日本顎咬合学会
イタリアでの講演風景
ドイツからの研修団

活動

2006年 1月 ヨーロッパインプラント学会(イタリア)にて講演
2006年 8月 ヨーロッパ審美学会(ノルウェー)にて講演
2006年 10月 QDTシンポジウム(横浜)にて講演
2008年 11月 国際技工学会(大阪)にて講演
2010年 10月 日本国際歯科大会 QDTシンポジウム座長登壇
2016年 4月 AACDトロント大会にて講演

1992年より韓国、中国、台湾、シンガポール、マレーシア、インドなどアジアを中心にレクチャーやセミナーを行う。
その後1989年からアメリカ、ドイツで同様の活動。近年ではフランスFDIでのデモンストレーション、そのほかモスクワやブラジル、トルコでは、ラミネートベニアを中心に講演を行う。
補色を応用したポーセレンラミネートベニアの製作では先駆者であり、1994年のMosby;YEAR BOOK OF DENTISTRYの記載に選出。
この年、日本人選出は10数名にとどまり、うち唯一の歯科技工士である。

著書・文献

カスプデンタルサプライでは、多くの著書・文献を手がけております。当社のノウハウの詰まった情報を、少しでも歯科技工業界のお役にたてればと考えておりますので、ぜひ、ご参考にいただければと思います。特に代表的なものについて、以下に掲載いたします。

チェアサイドとのコミュニケーションを大切にしたポーセレンラミネートベニアとオールセラミッククラウンの修復.QDT 2003;28:20~36

抄録:ポーセレン・ラミネートベニア(P.L.V)とオールセラミック・クラウンの審美修復におけるチェアサイドとのコミュニケーションについて、以下の項目に分けて解説した。

  1. 情報として得たいもの-a)色調再現に必要なツール、b)形態の再現に必要なツール、c)歯列の改善に必要なツール、d)その他のツール
  2. オールセラミック修復を行う際、何に留意すべきか
  3. オールセラミックによる審美修復症例-a)症例1-叢生を伴う上顎前突の審美修復と色調改善を主訴とする女性症例の現症、X線写真、処置について図示した、b)症例2-自身の歯の色調の修正と前歯の歯並びの修正を主訴とする女性症例の現症と処置について図示した。
詳細を見る

CAD/CAM Procera.歯科技工別冊 オールセラミックスレストレーション.東京:医歯薬出版、2005:128~136

材料特性を踏まえたジルコニアコーピング築盛法.QDT 2006;35(11):50~64

詳細を見る

ラボがほしい情報―天然歯の場合―.デンタルダイヤモンド別冊 オールセラミックスの最前線.東京:デンタルダイヤモンド、2008:122~127

ART & MESSAGE.ZERO 東京:永末書店20109(3):6~18

詳細を見る

会社概要

会社名 カスプデンタルサプライ(開発評価部門)
カナレテクニカルセンター(臨床部門)
住所 〒468-0004
愛知県名古屋市天白区梅が丘2丁目1319 地図
電話番号 052-807-6980
FAX番号 052-807-7781
代表者 山田 和伸
事業内容
  • 歯科技工全般

採用について Recruit

現在募集している求人情報を掲載中 新卒採用はこちら 中途採用はこちら